痛風の薬の副作用について 飲まないで治療できる?

痛風は、体内で生成される尿酸の血中濃度が上がることによって、針状の結晶化が進み、関節等で蓄積された結晶が剥がれ、白血球がそれを排除しようとする時に神経や血管を刺激し炎症を起こし、激痛を招く症状をいいます。痛風の原因となる、血液中の尿酸濃度が高くなる症状を「高尿酸血症」といい、この症状を日常的に抑制することが、痛風の予防となります。

 

ここでは、痛風の症状つまり激痛が発生した時の薬と副作用についてご説明します。

 

痛風発作緩解薬と副作用

代表的なものはコルヒチンです。白血球の作用を抑えて炎症を起こす物質の放出を抑えるため、痛風発作を抑える、軽減するという効果があります。副作用としては下痢、降圧剤・抗菌薬・胃潰瘍薬との併用による作用増強等が挙げられます。また男子が大量に服用すると、精子形成に影響を与えるという報告もあります。

 

非ステロイド系鎮痛消炎剤と副作用

激痛発作が起こってしまった場合に、ロキソニン、ボルタレン等の非ステロイド系鎮痛消炎剤が、痛みを抑え炎症を抑える為に処方されます。アスピリン系のバファリン等の鎮痛剤は、尿酸値の変化を起こし、症状を悪化させるので、使用されません。副作用は主に胃腸障害が挙げられます。

 

ステロイドと副作用

同時にいくつもの箇所で発作が起きた場合や、非ステロイド系鎮痛消炎剤の使用ができなかったり、痛みが治まらない場合に、ステロイド(副腎皮質ホルモン)が使用される場合があります。プレド二ゾロンが代表的なもので、内服の他、患部に直接注射されたりします。副作用は、ムーンフェイスや狭心症、心筋梗塞等重大なものが多く報告されていますが、痛風発作の場合は、短期の使用が多いため、さほど心配は要らないといわれています。

 

<薬を飲まないで治療できる?>
上記で説明した薬は、すべて痛みが起きてしまった場合に対症療法として使用する薬であって、抜本的治療や予防のためのものではありません。痛風の治療、予防とは、痛風の発作が起こらないように、日頃から体内の尿酸濃度が高くならないようにする、という「高尿酸血症の治療」そのものとなります。

 

また、痛風の症状が出た場合に、痛みを薬を使わずに緩和する方法としては、炎症を抑えるために患部を冷やすことが大切です。お風呂に入って温めたり、マッサージをして血行を良くすることは、厳禁です。一旦は痛みが和らぐような気持になりますが、炎症が悪化して激痛が長引くことになります。アルコールも同様に血行を良くしますので、症状を悪化させます。

 

とはいえ、痛風発作の痛みは日常生活を営めるレベルではありませんので、発作が起こってしまったら、我慢をせずに、とにかく専門医を訪れ、鎮痛剤を処方してもらうのが、唯一の方策と思われます。痛風発作の起こらないように、日頃から「高尿酸血症」を改善することが、一番の「薬を飲まない治療法」といえます。

 

まとめ

痛風発作の治療薬と副作用
・コルヒチン・・・下痢、多種多様な薬の作用増強等
・非ステロイド系鎮痛消炎剤・・・胃腸障害等
・ステロイド・・・狭心症、心筋梗塞、ムーンフェイス等

 

痛風治療薬は、対症療法薬で抜本治療にはならない
「薬を飲まない治療法」・・・「高尿酸血症」の改善